キリスト教の葬儀

葬儀の中でも、キリスト教式の葬儀の場合、仏教とは異なる流れを持っています。宗教としての違いがありますが、キリスト教の中には、大きくカトリックとプロテスタントに分けられることも注意しておかなければいけません。同じキリスト教ですが、さまざまな考え方の違いがあり、葬儀としても流れも異なります。通夜にあたる部分も、カトリックでは通夜の祈りであり、プロテスタントは前夜式と呼ぶように全く異なるからです。場所はどちらも教会や自宅、斎場でおこなわれるところは、仏教と変わりません。

賛美歌を斉唱するのがプロテスタントであり、流れ的には神父や牧師の朗読・説教、祈祷、献花がひとつの流れです。故人をしのぶことにもなりますが、通夜ぶるまいとは異なりお酒は出ず簡単な会食をおこないます。

カトリックは故人の罪を神に詫びて許しを請うことで、永遠の命を得られるように祈り、ミサをおこなうのが特徴です。感謝の典礼があるところもポイントになってくるでしょう。プロテスタントは神に感謝しながら、遺族を慰めるためにおこなわれているところが大きな違いです。神に祈りをささげるのであって、故人神に委ねられるものとしています。

献花をおこなうときには、白い菊やカーネーションを使い、祭壇に捧げます。喪主から始まり、遺族、親族、参列者といったところは焼香と変わりません。順番になったら係から花を受け取り、遺影に一礼してから、祭壇に根元がくるように時計回りに回して、左手の甲を下に向け、右手を茎の下に沿えて置きます。そこまで難しいことではありません。

聖歌や賛美歌を歌うことになりますが、信者でない時には聞いているだけでも構いません。無理に歌うことをしなくても、配られた紙を見ているだけでもいいでしょう。

大事な部分ですが、キリスト教にとって、死という不幸な出来事でも終わりでもなく、永遠の生の始まりです。そのため、お悔やみの言葉を使うことがなく、仏教的な言葉も使ってはいけません。言葉を掛けるときにも、お知らせいただきありがとうございますといったかたちにもなるでしょう。安らかな眠りをお祈りいたしますといった挨拶でも問題はありません。この辺りの違いは理解しておく必要があります。