葬儀の種類

葬儀の種類 亡くなった人を弔うということは、どこの国でもありますし、日本でも日常的なことです。ですが、地域が変われば風習も違います。宗教や宗派によってもさまざまな形式があります。いざ葬儀となったときに、その特徴や違いを知らないと、参列しても恥ずかしい思いをすることがあります。それだけならまだしも、マナーに反してしまうようなこともあります。一体どうしたらいいのか、迷ってしまうという人も少なくありません。

これは、自分が施主や喪主の時にも起きることです。喪主になるということは人生において経験することは少ないです。一体どんな宗派の葬儀になってくるのか、流れも理解しておかなければいけません。もしも、まったく理解しないまま進んでいくと、どこかで大きなつまずきをおこすことになるでしょう。もちろん、葬儀社などはバックアップもしてくれますが、それが必ずうまくいくとは限りません。自分で知っているかどうかは、大きな差となって表れます。知識とは、本当に多くのことを助けてくれる盾になってくれるはずです。

日本人は、生まれた時には神式で、結婚するときにはキリスト教になり、亡くなれば仏教と都合よく使うとも言われています。日本に古くから伝わってきたのは、実は神道であり、今でも葬儀でおこなわれる地域もあるでしょう。ですが、一般的とは言えない部分も持っており、一体どんな葬儀になるのか、そのマナーをはっきりとわからない部分があります。キリスト教式の葬儀にしても、そこまで理解されてはいないことが多いです。さまざまな宗教も存在する以上、何かあったときのためにも、それぞれを理解しておくことが大切です。

仏教なら大丈夫と思っていても、実は様々な宗派が存在し、葬儀としても同じではありません。お焼香ひとつとっても違いがあるのですから、知らなければいけない部分もあります。あとから失敗したと思っても、その時には間に合いません。恥をかくぐらいなら問題も少なくて済みますが、迷惑をかけてしまい申し訳ないことをしたということも有り得ます。宗派の違いによって、不祝儀袋の形式や書き方も変わってくることになるのは、なんとなくわかっていても、いざその場になると迷ってしまう場合もあります。本当に多くの影響を与えてしまうことになるのですから、参列するのであれば、知っていて当然であるともいえるでしょう。頭の片隅にでも葬儀に対する知識があれば、その時に何かが違うと気が付き役に立つこともあります。

最新ニュース